シルバーアクセサリーは使い込んでこそ味が出て愛着がわくものです。
とはいえ、シルバーは変色しやすく傷もつきやすい素材。
『磨き布ではどうしても消えない傷』や、『買ってからサイズが合わなくなってしまった』など、
お困りの時はCREAMにご相談ください!
当店ではお買い上げ頂いた商品のメンテナンスを無料で承っています。

比較的柔らかい金属であるシルバーは、アクセサリーなどに加工しやすい反面、傷つきやすくもあります。使い込んで傷だらけになったアクセサリーは、それなりに味わい深いものですが、やはり大きな傷は気になるもの・・・。
CREAMにお任せくだされば、傷磨き布では消えない傷が、キレイにまるで無かったことに!
シルバーは長期間放置しておくと、空気中の硫黄成分と反応して黒や茶色に変色してしまいます。
でも!そんな見るも無残に黒ずんでしまったシルバーも、専用の機器でクリーニングすれば、新品同様ピッカピカに!仕舞いこんで活躍の場が無かったアクセサリーもあっという間によみがえります!
シルバーアクセサリーの特徴の一つに、表面にイブシ加工を施して立体感を出し、重厚感をかもし出している、というのが挙げられるでしょう。しかし、イブシ加工は時間が経つと取れてしまうもの。
イブシ加工が取れて、立体感やシブさがなくなってしまったアクセサリーは、加工をし直してさらに深みのある色合いに!
体形が変わってアクセサリーのサイズが合わなくなってしまった、というのは良くあること。せっかく気に入って買ったのだから、出来るだけ長く楽しみたいですよね♪
サイズが合わくなったアクセサリーは、お直しをして長く愛用してあげてください!
●以下のようなデザインの指輪はサイズ直しが出来ない場合がございますので、あらかじめご了承ください。
 ・全体に模様が施されている指輪
 ・石を使用しているもの(天然石・人工石ともに)
 ・素材がシルバーではないもの
 ・メッキ加工、コーティング加工が施されているもの
 ・ブレスレットの留め具にスプリング(バネ)を使用しているもの
●どのブランドもパーツ販売を行っていないため、ネックレスやブレスレットを規格のサイズより『長く』する事は出来ません。
CREAMではお持込のアクセサリーのメンテナンスも承っています。料金は以下の通りです。
傷消し+クリーニング+いぶし加工
リング・ペンダント・ピアス3,150円~
ブレスレット・ネックレス5,250円~
ウォレットチェーン15,750円~
サイズを直したい
指輪のサイズを大きくする8,400円~
指輪のサイズを小さくする5,250円~
チェーンやブレスレットの長さを短くする3,150円~
修理をしたい
内容により異なりますので、まずはお問合せ下さい。
・表示は税込価格です。
・お直しはサイズにより料金が異なります。

メンテナンスをご希望の場合は、下記までメールもしくはお電話でお問合わせ下さいませ。メールにてお問合わせを頂く場合は、お名前、メンテナンスを行いたい商品名、メンテナンスの内容を明記してください。
*修理のご依頼の場合、破損状況が分かるように写真を添付していただくと大変助かります。

 ○メール・・・webcream@itsta.co.jp
 ○お電話・・・06-6214-5225
◆期間は、作業の混み具合のより異なりますが、商品をお預かりしてから2日~1週間ほどかかります。
◆送料は、いずれの場合もお客様のご負担となりますので、予めご了承ください。

●シルバー製品の特徴

シルバーアクセサリーは洋服と同じで皮膚に直接つけるので、身に着けていると次第に汚れてきます。特にネックレスの首に当たる部分や、リングの内側はすぐに汚れてしまいますよね。

これは皮膚を構成している蛋白質の成分に含まれる硫黄分が、銀製品の表面に硫化銀の皮膜を作ることが原因です。また、シルバーアクセサリーは放っておくと空気中の硫黄分にも反応し黒く変色します。銀の変色は、時間がたつにつれ、黄色→茶褐色→黒色に変化します。硫黄分といえば温泉や入浴剤にも含まれているので、当然浸けると真っ黒になります。
他にも、パーマ液やシャンプー、化粧品、台所洗剤、さらに卵や玉ねぎなどの食品に含まれる硫黄成分などにも影響されます。この変色作用をアクセサリーのデザインとして用いているのが、いぶし加工と呼ばれるものです。シルバーのデザインを立体的に見せるために、わざと黒くしているのがそれです。

よくお問い合わせを頂きますが、シルバー製品は錆びません。黒くなっているのは、このような硫黄分による変色です。


●シルバーアクセサリーのお手入れ方法

変色や使っている内についた小さなキズは、使い込んだ良い風合いを醸し出しいっそう愛着がわくものですが、あまりにひどいと着ける気になりませんよね。使っているうちの変色や小さなキズは、お家でのお手入れできれいにすることができますので正しいお手入れをして、シルバーアクセサリーを長く愛用していきましょう。

変色したシルバーを元の光沢や風合いに戻したい、細かいキズを消したいなど、その状態によって手入れの方法が異なります。お手入れには下記のようなものを使います。


●シルバークリーナー・布タイプ

フェルト地に微粒子の研磨剤を含ませた磨き布。シルバーの表面を軽くこするだけで 、黒ずみを取ることが出来ます。また小さなキズならこれで削りとることも出来るので、強く磨きすぎないように注意してください。また、シルバークロスは使っているうちに黒くなりますが、研磨機能は変わりませんので洗わないで下さい。洗うと繊維に含まれた研磨剤が流れてしまいます。
●シルバークリーナー・液体タイプ

強酸性の硫化物除去液。布では届かない細かい部分やチェーンを磨くのにお勧めです。液に数秒間浸して水で洗い流し、布で水分をふき取ります。ただし、表面の酸化している部分を除去する液剤ですので、いぶし加工を施しているアクセサリーに使うと、いぶしが取れてしまうので注意してください。また、液剤によっては使用できない物が記載されていますので、よく確認してから使いましょう。

●銀純度

シルバー製品の多くには、「925」という刻印がよく見られます。これはその製品に使われている銀の純度を表しています。つまり、「925」は92.5%の銀と7.5%の他の金属からなっている、ということになります。

では、なぜこのように銀に他の金属を混ぜるのでしょう?
それは100%の銀を使用すると、金属としては柔らかすぎて、アクセサリーや食器などを作るには向かないからです。そのため、銅などの他の金属と混ぜて強度を持たせています。

純銀度には他に、「1000」「950」「900」等があります。「1000」は100%が銀のものを指しますが、一般的には「925」以上の銀を純銀と呼びます。また、「925」は「スターリングシルバー」とも呼ばれ、製品によっては「Sterling」と印されているものもあります。「スターリング」とは、イングランド王ヘンリー2世(在位1154~1189年)の時代に銀貨を鋳造していた『スターリング家』が語源と言われています。

純度用途
1000やわらかすぎる為、このままで使用されてることはあまりない
950ハンドメイドアクセサリーなど
925

アクセサリー 食器 など

900雑貨など


 



ID
PW
 
会員登録はこちら >>


検索




   
 
CHROME HEARTS
ハートチャーム

【税込】¥41,040

 
CHROME HEARTS
ハートスタッド
【税込】¥29,160

 
ROYAL ORDER
ハートバンドリング

【税込】¥31,320

 
ALEX STREETER
ハートウイングリング
w/ストーン
【税込】¥32,400

 
EXHIBI
TIONIST
フレームハートスタッド

【税込】¥12,960

 
BILL WALL
LEATHER
ウイングハートリング
【税込】¥52,920





ギフト包装について
アフターケアについて
営業時間
11:00~20:00

営業時間外はメール返信が出来ない場合がございます。メールを頂いたにもかかわらず返答が無い場合は、お手数ですが再度ご連絡下さい。




C.R.E.A.M. OSAKA


〒542-0086
大阪市中央区西心斎橋2-8-19 イーストヴィレッジ1F
TEL/06-6214-5225


C.R.E.A.M. TOKYO


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-31-9 プリズム神宮前1F
TEL/03-5772-8518